カードローン年収

カードローン審査の年収っていくら必要なの?

実際に申し込みを行う前に、銀行がカードローンの利用希望者が申し込みをしてきた際に、どのようなポイントをチェックしているかを知っておくと良いでしょう。敵を知り、己を知れば百戦危うからずです。
世間で広く言われている通り、銀行がまず最初に注目するのは、申込者の年収です。

 

年収が高ければ必ず審査をパスするというわけではないのですが、申し込み金額に対してきちんと月々の支払いを行うことができるかをチェックします。

 

ここだけの話ですが、銀行は今、お金を貸す相手を探しています。というのも、自行はともかく日銀には資金が十分に蓄えてあるにもかかわらず、それを動かす目的が不足しているため、いわゆる「金余り」現象が発生しているのです。我々からすれば、不景気なのにお金が余っているのは理解しがたい状況ですね。

 

だからと言って、銀行の審査が甘くなるというわけでは無いのですが、自分の収入や支払い能力をしっかりと考慮し、きちんと返済が可能な利用者には、適正な範囲で貸出したいと銀行側は考えているのです。

 

また、銀行によってはきちんと支払い能力が証明できるのであれば、一定の金額までは収入証明の提出を求めないところもあります。上限金額はそれこそ銀行によりけりですが、大よそ200万円くらいまでは収入証明が不要な場合があります。ただし、自営業やフリーターの場合は話は違ってきます。また、たとえ会社勤めや公務員だったとしても、審査の内容によっては追加で収入証明の提出を求められる場合もあります。

カードローン年収について関連ページ

今住んでる住居
カードローン審査の際の参考にされる項目です
勤務先
カードローン審査のポイントを紹介しています。