カードローン審査今住んでる住居

カードローン審査の際は住居も重要

審査のポイントの中には、銀行側から見て申込者に返済能力があるかどうか、この1点につきます。それを調べるために、銀行と信用審査会社はあらゆる面から申込者をチェックします。
年収に次いで重要なポイントになるのが、住居です。住んでいる住居の形態や居住期間の長さが審査の対象となるのです。

 

より有利な形態は持ち家の1戸建、持ち家のマンションです。つまり、住居が自己資産である場合は有利に進みます。それと、比較すると、やはり賃貸物件に住んでいると難しくなります。また、居住期間も長ければ長いほどより有利になります。たとえ賃貸物件に居住している場合であっても、同じ住居に長く住んでいれば審査にはより有利になります。一概に言えるわけではないのですが、どのような住居の形態であろうとも、居住期間が1年に満たない場合は審査を通るのは難しいと考えて良いでしょう。

 

ですので、もし転居を考えているのであれば、転居の前にカードローンを申し込む方が良いでしょう。ただし、転居する場合であっても転居先が申込者の持ち家であった場合はそれほど不利になることはありません。その辺は、引越しと申し込みのタイミングを熟考し、きちんと計画を立てると良いでしょう。いずれにしても、転居などをした場合は、きちんと身分証明の住所も変更する手続きをしておきましょう。そうしなければ、転居先でカードローンを申し込んだ場合、現住所との違いが出てしまい、そのせいで審査に落ちてしまうという事も十分ありえるからです。

今住んでる住居関連ページ

カードローン年収について
カードローンってどれぐらいの年収があればりようできるんだろう?
勤務先
カードローン審査のポイントを紹介しています。