カードローンを使う前に

カードローン借りすぎ注意しましょう

カードローン借入金額について

家を建てる、車を購入する、という場合は、何千万円、何百万円という大きな額の融資を受ける必要があります。

 

ただ、お金が必要な場合、というのは何もそういう大金が必要な場合だけではありません。給料日までの生活費2〜3万円が欲しい、旅行をする数万円だけ借りたい、場合によっては、公共料金の引き落とし日にたった1万円が足りない、という場合もあります。

 

お金を銀行から融資してもらう場合、まさか1万円のローンを組むということはまずありません。

 

それは、それ以上に手数料や手続きに手間や費用がかかってしまうからです。

 

カードローン即日融資のメリットとしては、必要な金額だけを借りることできるというメリットがあります。

 

申し込みの際に、設定した融資限度額の範囲内であれば、カードローンにもよりますが、1万円など必要な金額だけを借入することもできるのです。もちろん、銀行のローンなどで、とりあえず10万円借りておいて、使わない分は生活の足しにする、ということもできますが、それだと余分な利息を支払うことにもなるのです。カードローンなら必要な分のお金だけを借り入れできるので、利息を最小限に抑えることもできます。また、即日融資可能なカードローンなら、本当に必要な金額だけを、必要な日にかりいれすることができます。たとえば、自営業の方などは売り上げによって支払いができるかできないか決まってくることもあります。ギリギリまで融資を待って、本当に支払いに間に合わない、となったその日に必要な分だけ借り入れできるのです。場合によってはギリギリまで待つことで融資を受けなくても済むかもしれないのです。

 

カードローン借りすぎ注意しましょう

カードローンは申し込みをして、申し込み時間帯にもよりますが、申し込んでから最短で30分程度で融資してもらうことも可能です。そしてパソコンやスマホから手続きを行えば、自分の銀行口座に即日振込も可能です。

 

そのため、使い方よっては銀行から融資をしてもらうよりも便利ですし、場合によっては利息やその他の費用を含めるとカードローンの方がお金がかからない、というケースもあります。

 

ただ、気をつけなければいけないのが、やはり借りすぎてしまうことです。

 

申し込みの際には、年収や職業、その他の審査項目によって、融資限度額が設定されます。その融資限度額の範囲内であれば、いつでも簡単に融資をしてもらうこともできるのです。

 

最初は、急な出費が合った時に仕方なく利用する方がほとんどなのですが、それでもまだ融資限度額に余裕があれば、ついつい気軽にコンビニATMなどから借り入れをして、欲しいものを買ってしまったりするのです。

 

頭では分かっていても、なんとなく融資限度額までは借り入れできる、自分のお金だ、という感覚に変わってしまう人もいるのです。また、2〜3万円借り入れしたところで利息はそんなに変わらないから、と借りすぎてしまう人も少なくありません。

 

こういった借りすぎにより、いつの間にか借金が膨れ上がってしまうのです。

 

もちろん今は総量規制があり、年収の3分の1以上の借り入れはできない事になっています。

 

ですが、銀行カードローンなどは総量規制対象外ですから、審査が通れば年収の3分の1以上でも借り入れすることができるのです。そうこうしているうちに借金が多くなり、返済できなくなって債務整理を行う羽目になってしまうのです。

 

気軽に借りられるカードローンとはいえ、借金には違いありませんから、やはり必要な分だけ借り入れするように心がけましょう。